読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲食店をやってます。

美味いモノ作って売ってりゃ客は来るし儲かる。そんな時代はとっくにおわりました。お店を運営していく中で思っている事を書いています。たまに全然関係ない事も書きます。笑

ここにずっとあり続ける事。

今日は僕が店長の頃のお得意様がご来店。

お会いするのはもう10年以上ぶり。
当時は店の近くの会社にお勤めで、良くご利用頂いていました。

今は遠方にお住まいなのですがお仕事(?)で東京にいらしたそうで、寄ってくれまして。


久々に「店長」って呼ばれましたw

いやーこう言うのホントに嬉しい。

青山にお勤めの方がね。
他のところに引っ越したり異動で遠くに行ってしまうワケです。
凄く寂しいんですが、こうやって何かの折に顔出してくれて。
その時にちゃんと店がある。いつまでもそうありたいなぁ、と思います。

「昔はここに○○があったんだよなー」とかね。
良くあるじゃないですか。

 

 

以前も書いたかも知れませんが、50台くらいのご夫婦がご来店下さった事があったんです。

恐る恐る「ここは肥後ばっ天とは違うお店ですか?」と。
「よくご存知ですねー!昔は肥後ばっ天と言う名前でした。店名が変わっただけで同じお店ですよ」
とお伝えすると、お二人は青学出身でデートで良くウチの店に来てくれていたらしいのです。

就職して青山には来なくなったんだけど数十年ぶりに青山に来てみたら同じ場所に似た店がある、と寄ってくれたそうです。

それなら、と当時から残っているメニューをご紹介したら凄く喜んで召し上がってくれました。

 

それに対しまして。

僕たちは渋谷のレストランで結婚式を挙げたのですが、そこではスタッフの方々にもとても良くして頂き素晴らしい結婚式にする事が出来たので、結婚記念日には毎年ここに来て食事しよう、とかみさんと言ってまして。

そしたら3回目の結婚記念日の頃には閉店してしまったんですね。

スタッフの方々ともそのままで。

正直、料理の味とかあんまり覚えてないんですけどねw「凄く美味しかった」くらいのもんでw

スタッフの方々と会えなくなってしまったのはホントに残念でした。

すげー寂しかったんですよ。

 

以前から言っていますが、飲食店が売っているのはお料理ではなく「時間」だと思っています。

 

良く言った飲食店は色んな思い出とひも付くじゃないですか。

だからね。

いつまでも残っていたいなぁ、と思うのです。

 

今日ご来店頂いた方も、その他のウチをかつてご利用下さっていた方も。

またいつでもいらして下さいね。

ちゃんとここにありますから。